短期テニス留学 ~アメリカとオーストラリアのテニススクールへ

夏休みを利用して3つのテニススクールに短期留学した時の体験記。スクールの比較や英語のことなど。

ニュージャージーのセンターコート

16. 海外テニススクール比較

僕は、中2の夏にシドニーのビンス・バークレーテニスアカデミーに2週間お世話になりました。そして中3では、ボストン近郊のマサチューセッツ工科大学(MIT)で行われるNIKEテニスキャンプに1週間、ニュージャージー州のセンターコートアカデミーに5週間お世話になりました。

シドニーのビンスアカデミーでは、東京は灼熱地獄だというのに、快適な気候のもと、テニスを楽しむことができました。レッスンでは、今まで習ったことのない驚きのポイントをたくさん教えてもらいました。ビンスコーチはややご年配でもあり、レッスンをしながらクッキーを食べていることもありました。のんびりしたオーストラリアらしいスクールだとも言えます。

シドニーでは8月は学校の授業があります。そのため、8月に留学すると昼間アカデミーにいる生徒はほとんど日本人ということになります。僕がいた時も、生徒はほぼ全員日本人でした。ですが、全国レベルの選手もいたりして、留学生のテニスのレベルは結構高いと思います!

英語に関しては、日本人にやさしい(?)スクールだったので、僕にとっては少し物足りなかったのですが、英語で不安になることなく、思いっきりテニス三昧な日々を送りたい人にはお勧めです。申し込みも日本語でできます。



◇   ◇   ◇   ◇   ◇

NIKEテニスキャンプでは、僕の憧れの大学でもあるMITのテニスコートでテニスをすることができて感動しました。コートは美しく、キャンパスを歩くのも、学食で食事するのも楽しかったです。
girl

ただ、内容自体はテニスを始めたばかりの子どもが多く、上級者もいますが、全体に初心者向けという印象がありました。本格的にテニスに取り組みたい人にはあまりお勧めできません。が、逆にテニスは初心者だけどテニス留学で英語を学びたいという人には、一番お勧めです。

また、小学生が多かったので、小学生の親子留学にもぜひお勧めしたいところだと思いました。
kids

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

ニュージャージー州のセンターコートアカデミーの良いところは、一言でいうなら、本格的なスクールながら、値段が良心的でアットホームなところだと思います。コーチが優秀なのはもちろんのこと、練習がかなり洗練されていることにも驚きました。さすがプロをたくさん生み出しているスクールだなと思いました。

生徒に対するコーチの数や、テニスコートの数、トレーニング施設、食事内容などを考慮すると、値段はかなり良心的だったと思います。もちろん安くはないですが、金額に十分見合った内容を期待して大丈夫だと思います。

宿舎があるのもセンターコートの良いところです。宿舎には様々な国からの留学生がいるので、貴重な体験ができました。毎日宿舎からテニスコートまで車で送ってくれるので、駅からテニスコートが遠すぎるという心配もありません。他にも、空港への送迎があったり、食事が付いていたりと、初めて一人で行っても何の問題もなく過ごせます。寮母さんのミッシェルはみんなを温かく迎えてくれます。留学を終えて僕が一人で帰る時は、空港での荷物のチェックインも含め、最後の最後までスタッフが付き添って案内とお見送りをしてくれました。

生徒も、テニスを始めたばかりの人から世界ランク100位以内のプロまでいろいろな人がいて、レベルが合わなくて困ることはまずないと思います。テニスが初めての人でも参加できると思います。

英語の勉強に関しては申し分ありません。車での移動時間、筋トレ中など、話す機会がたくさんあります。また、宿舎に泊まると生活が英語だけになります。学校では身につかない「とっさに的確に受け答えする力」がかなりつきました。ただ、自分から積極的に行かないと、英語の壁のせいで楽しさが半減すると思います。

僕はたまたま3つの海外テニススクールに行くことができましたが、どれも素晴らしい経験となりました。テニスはもちろんのこと、英語力を上げたり、人脈を増やしたり、海外の文化や習慣を学ぶことができました。特に、海外は日本と文化も考えもかなり違ったので、そういったことに実際に触れることで視野が広がり、適応力も付いたと思います。また、自分の壁を打ち破って行動すること、自分とは異なる意見に耳を傾けること、同時に自分の考えをしっかり持つこと、感謝の気持ちを表に出すこと、といった大切さも身をもって知ることができたと思います。

テニス留学には、普通の語学留学とは違った魅力があります。みなさんも、一度テニス留学にトライしてみてはどうでしょうか?

クリックお願いします。
 
にほんブログ村

15. 留学中の英語

<リスニング>
センターコートアカデミーではもちろんいつも英語でした。最初は何を言っているのかわからず戸惑うことも多かったのですが、僕の場合は二週間目からは完全に聞き取れるようになりました。特に、たとえば「球出し」には feed という動詞を使うというように、ある程度テニスに関する用語に慣れてしまえば、あとは楽でした。英語がそれほど得意ではない人でも、テニスという自分のよく知っていることを通して接する英語なら、わりとスムーズに入っていけるのではないかと思います。

<スピーキング>
英語で話すのに慣れるには大体二週間くらいかかりましたが、四週目にはもう違和感なく話ができるようになりました。自分から話をしなくては生活できません。朝起きた時から夜寝る直前まで常に英語なので、脳が完全に英語に支配されてしまい、日本に帰ってきた時 、自分の日本語が正しいか不安になったりしました。テニスの上達がセンターコートに行った一番の目的だったのですが、テニスよりも英語の方がもっと上達したかもしれません。

僕は英語にある程度慣れていたので、留学中に英語で困ったことはありませんでしたが、英語がそれほど得意ではない人でも、空港の送迎があり、コーチがたくさんいて優しく、お母さん代わりの寮母さんがいて、周りにテニスでつながった仲間のいる環境なら、すぐに溶け込めると思います。それほどセンターコートには、なんとなく温かい雰囲気がありました。

英語が苦手な人は、だまっていたらダメだと思います。現地のアメリカ人は、最初はツンとした顔で、英語ばかりしゃべっている(当たり前か...)ように感じるかもしれませんが、留学生たちが質問をしてきたりすると実は非常に喜びます。移動の車の中で、英語に関する質問なんかをすると、みんな喜んで説明をしてくれます。特に女子は、僕のことを英語が下手で(テニスも...)、アメリカのことがわからないかわいそうな人だと同情したらしく、頼んでもいないのによく世話を焼いてくれました。あとは、テニスコートで打ち合えば、すぐに友達です。

それから、僕はけん玉を持っていって、自分の技を披露したり、みんなにやってもらったりしました。初めてやる人も多く、けん玉は大人気で、いつも笑いが起こっていました。それから、ワサビのお菓子やキャラクターお菓子などを持って行きました。珍しくて非常に好評で、会話も弾みました。日本独特のおもちゃやお菓子などを持っていくといいかもしれません。

friends

クリックお願いします。
 
にほんブログ村

14. センターコートの特徴と料金

<アクセス>
センターコートの特長の一つは、ニューヨークからほど近いことだと思います。僕がアメリカのスクールをネットで探していたとき、アメリカはとても広いので、いいと思ったスクールでも、そこに行くまでが困難ということがよくありました。なんとか飛行機で近くまで行けても、その後車がないと身動きが取れません。その点、センターコートは、ニューアーク空港に降りればスタッフが迎えに来てくれて、車で20分くらいで本部に着きます。ジョンFケネディー空港は少し遠いですが、それでもスタッフが迎えに来てくれると聞きました。

それから、センターコートには、本部以外にも4つくらいのスクールがあり、少し離れてはいますが車で送迎 してもらえるので、いろいろな種類のコートをたくさん使えるという利点もあります。

center

<生徒>
センターコートに在籍している人は、8割以上が地元のアメリカ人だと思いますが、他にもいろいろな国の人がいます。中国からは、強い高校生が何人か集まってたまにセンターコートに来るようです。ちなみに、今回一緒になった中国人たちの半分くらいはあまり英語が話せなかったのですが、テニスをやっているとそんな言語の壁は全くないように思えました。普段テニスコート外で会話している時も、ジェスチャーを交えつつ楽しそうに会話していました。他にも、シンガポール人、ロシア人、イギリス人、アフリカ系の人など、様々な国からセンターコートに留学している人がいました。日本人は僕一人でした。

長期で滞在する高校生は、センターコート内で勉強して高校の単位を取ることができます。午前中はスタディールームで勉強し、午後はテニスをするようです。

実力は、まだ始めたばかりの人から全米出場選手までいます。テニスが初めての人でも参加できると思いますし、本格的に学びたい人も満足できる環境だと思います。

<コーチ陣>
センターコートのコーチ陣は、本当に素晴らしいと思いました。ベテランコーチから若いコーチまで、層も厚いです。テニスのコーチも、筋トレのコーチも、みんな真剣に教えてくれる素晴らしいコーチでした。休み時間には冗談を言ってたくさん笑わせてくれました。
nick

<練習メニュー>
センターコートでは、様々な練習メニューを提供してくれました。ネットの1.5m上に張られているロープにボールを当てたり、ダブルスの陣形が崩れたところにコーチがボールを出し、それをボレーを決めるという練習など、僕が知らないメニューが多かったです。日本や他のスクールだと、コーチが球出しをして生徒が打ち、コーチがアドバイスをするということが多いと思います。センターコートではラリーが多く、ラリー練習の途中にコートを回っているコーチに打ち方やコースなどを教わることが多かったです。みんなに向けて「こうやって打つよ」と教えるのにプラスして、一人一人を見てそれぞれに合った具体的な指導をしてくれるところが良いと感じました。

筋トレやストレッチの器具が充実していて、専門のコーチが常駐していていつも指導してくれることも、センターコートの良い点だと思います。
training2


<週末のアクティビティ>
週をまたいで滞在すると、週末のアクティビティーがつきます。NYの自由の女神などの観光名所や、大きなショッピングモールに連れて行ってくれたりします。(行かなくても良いですが値段は変わりません。)
僕がいた時は幸いなことに全米オープンの最中だったので、プロの試合をみんなで観に行きました。錦織やジョコビッチの練習もすぐ間近で見ることができました。8月の最終週がお勧めです。


興味のある人は、まずはメールで問い合わせると、メールで資料を送ってもらえると思います。


kaitlyn@centercourtclub.com


<料金>
参考のため、僕の行った時の料金(2015 夏休みの料金)を載せます。今は変わっているかもしれません。
⚫テニス(9時~5時)のみの場合
□1-2週間だと1週間750ドル
□3-4週間だと1週間715ドル
□5週間以上だと1週間675ドル

⚫テニス+ドームでの宿泊
□1-2週間の場合
・月曜日~木曜日までとまり、金曜日に帰る場合1週間1250ドル
・1週間まるまる泊まる場合(週末のNYなどへの旅行も含む)、1週間1450ドル
□3-4週間の場合
・月曜日~木曜日までとまり、金曜日に帰る場合1週間1150ドル
・1週間まるまる泊まる場合(週末のNYなどへの旅行も含む)1週間1350ドル
□5週間以上の場合
・月曜日~木曜日までとまり、金曜日に帰る場合1週間1075ドル
・1週間まるまる泊まる場合(週末のNYなどへの旅行も含む)1週間1275ドル

センターコートのフルタイムプログラムのウェブサイトはこちらです。
http://centercourtacademy.com/full-time-tennis/

クリックお願いします。
 
にほんブログ村

13. 宿舎


ドームの存在
僕は最初の3週間、センターコート本部の近くにホームステイをして、そこからセンターコートに通っていました。しかし、4週目からは、ドームと言われる宿舎に泊まりました。宿舎は、ミッシェルというお母さんが貸している大きな家で、センターコートの生徒10数人が泊まっていました。

こちらは男子部屋のうちの一つの写真です。
room

家はかなり広く、快適でした。庭に鹿がいたり、たまに車で川を見に行ったりと、おもしろいものがたくさん見られました。朝食と夕食がついていて、いくらでも食べて大丈夫です。朝食は、ワッフル、パンケーキ、パン、たまご、シリアルなどがありました。夕食もいろいろありましたが、スパゲティは特にみんなの大好物でした。デザートもいつも出ますが、僕が日本に帰る前の夜には、ミッシェルが僕のために特大ケーキを手作りしてくれました!*\(^o^)/*

女子部屋はよくわからないのですが、男子部屋にはゲームやおもちゃなどがありました。二階にはガット張り機があり、いつでも自由に使えました。宿舎にはWi-Fi もあり快適です。唯一の難点は、シャワーが使えないことです。だから、センターコート本部にあるシャワーで体を洗ってから帰る必要があります。まあ、泊まっている人数が多いので、仕方のないことだと思います。

僕がドームに泊まっていた時、偶然にも全米オープンに出場する選手と同じ部屋になりました。全米オープンの会場からセンターコートは近いので、試合の1~2週間前だけセンターコートに滞在し、練習と調整をするそうです。プロテニスプレイヤーの生活のことや、試合のことが聞けて、非常に貴重な体験となりました。

usopenboy



クリックお願いします。
 
にほんブログ村

12. 土曜の練習とプライベートレッスン

土曜日の練習

スクールは基本的には月曜から金曜までです。土日はせっかくなので観光でもしようと思っていたのですが、いざ週末になってみると、もっともっとテニスを練習したくなっていました。そこで、土曜日も練習をしたいと申し出ると、希望者でやっている土曜練習にも参加できました。土曜日の練習は9時から1時までといつもより少し短かったのですが、それで十分だと思いました。普段の練習では10数人の生徒にコーチが2~3人つくのですが、土曜日は1人、もしくは2人にコーチがついていました。4時間ほとんどプライベートレッスンという感じで、お得だなぁと思いました。ちなみに、料金はこの4時間で80ドルでした。

saturdauy

プライベートレッスン
コーチにお願いすると、プライベートレッスンを受けることができます。レッスンの時間はお昼休みの時か、その日の練習が終わる5時以降でした。僕は最初、6時過ぎまでプライベートレッスンを受けていました。しかし、宿舎に泊まるようになってからは、宿舎行きの車が5時45分に出発するので、5時半までしか受けられなくなりました。

プライベートレッスンの料金は、指導コーチによって違います。僕はいろいろなコーチからレッスンを受けましたが、どのコーチも値段に関係なく良いと思いました。一番良心的な料金だった大学生のコーチもかなりの実力で、2015年の全米に出ていた選手の一人を数年前に教えていたそうです。

クリックお願いします。
 
にほんブログ村

11. 初日~2日目(写真多)

初日
 最初にアカデミーに来た時は、集合場所がわからず苦労しました。迷っているうちに屋外テニスコートを見つけ、中を見ていたらコーチらしき人に声をかけられました。その人が、センターコートアカデミー代表のクレイコーチだったのです。
clay

コーチとほんの30秒ほど話をすると、いきなりコートで打ってみろと言われました。ラリーの相手は同じ年くらいの白人の男の子です。まだ時差ぼけが残っていましたが、ミスをして相手に迷惑をかけてはいけないと、必死にボールを返しました。クレイコーチが腕組みをして仁王立ちで僕のプレーを見ています。一見怖そうですが、クレイコーチはめちゃめちゃ優しいコーチです。毎日笑顔でみんなに声をかけてくれます。
claykai

初日はとにかく嬉しくて、時差ボケや体の疲れも、夕方5時に練習が終わるまでずっと忘れていました。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

2日目
2日目は、8時半に初日と同じ場所(センターコート本部?)に集合しました。体育館のような施設です。小学校1年生から高校生まで多くの子どもたちがいます。9時まではみんなで準備体操や軽いステップ練習をしました。ここは冷房が効いていて涼しかったです!
warmup

 センターコート本部には屋外のテニスコートが5面あります。準備体操の後、ざっと目で数えたら生徒が7~80人くらいもいました!1コートに10数人だと多いなあと思ったのですが、その心配は無用でした。センターコートにはテニスコートが他にもたくさんあり、車でみんなを送迎するシステムをとっています。僕はいつも11人乗りのバンで送ってもらっていました。小学生たちは車ではなく、かっこいいスクールバスのようなものに乗って行きます。
bus

テニスコートに着き、練習が始まりました。1コート2人~4人で、コーチの球出しからの練習ではなく、ラリー練習が多かったです。ラリー練習といっても、日本のようにひたすら打ち続けるというやり方ではありません。ラリーには毎回、トップスピンしか使ってはいけないとか、スライスだけといったルールがありました。コーチはずっとコートサイドで見ていて、ときどきアドバイスをくれます。この日は3人のコーチがいました。
court


普段はフォアでスライスを使うことはあまりないので、最初は上手に打てませんでした。しかし、だんだんコントロールも向上し、スライスがより伸びるようになりました。また、トップスピンしか使ってはいけない時は、ボレーではなくドライブボレーを使う必要があります。普段あまり使わないショットも使うことで、新しい得点パターンに気付かされたり、選択肢が増えたりしたように感じました。

ラリー練習の時も常にポイントを数え、勝ち負けをはっきりさせます。ここがおもしろいのですが、勝つと一つ上のコートに行け、負けると一つ下のコートに下がります。コート落ちしていくことは少なからず屈辱的なので、上にあがれるようにかなり必死になります。また、毎回毎回相手が変わるので、いろいろな人に新しい攻撃方法を試すことができ、そのパターンが通じるのか通じないのかがすぐわかって良かったです。

11時半からはトレーニングの時間です。車でセンターコート本部に戻り、そこで筋トレをしました。
training

たくさんの筋トレ道具が揃っていて、かなり本格的でした。日本のテニススクールではテニスコートでボールを打つだけのところが多いと思いますが、ここでは毎日必ず筋トレとストレッチが練習メニューにがっちり組み込まれます。テニスの技術の向上とともに、体づくりにも結構な時間を割きます。

筋トレは、基本的にバディを組んで二人で一組になってやります。結構きついのですが、一緒にやる仲間がいるので、おしゃべりをしたりジョークを言い合ったりしているうちに乗り切れます。
kaiandaboy

専門のトレーニングコーチが常にいて、次々にやってくる生徒たちの指導に当たります。メニューは個人にあわせるようになっていて、いつもちょうどいい負荷をコーチが探してくれます。
trainer

最初は、テニスコートが何面もがらがらと空いているのに筋トレをしているのは、何だかもったいない気もしました。でも、コーチから学ぶうちに、体づくりや体の調整がいかに大切かを知りました。

日本では、ランニングはどの部活でも基本的にやると思いますが、こちらでは中・長距離のランニングはやりません。短めのダッシュを何本かやったり、ステップの緩急をつけるようなトレーニングをしました。

筋トレは、翌日に疲れが残らないように、月曜日は腕、火曜日は肩、水曜日は腰……のように、曜日によってやる箇所が違いました。同じ場所を続けてやらないように注意されました。また、筋肉痛にならないように、道具を使って丹念にストレッチやマッサージをしました。
stretch

12時半からはお昼ごはんです。また車でチャタムというところに移動しました。チャタムにはテニスコートだけではなく、プールやその他のスポーツ施設もあり、大勢の人が利用していました。僕たちは、ここの二階建ての棟の食堂でランチを食べました。
chatham

ランチは毎日食べ放題、飲み放題のブッフェが無料でついています。基本はサラダ+メインです。メインはサンドウィッチ、スパゲティやタコスなど日によって替わります。食べるものの種類はあまり多くありませんが、アメリカでこのレベルなら文句は言えません。むしろサラダバーがあるだけ上出来です。スポーツ施設の食堂なので、いちおうヘルシーなランチを心がけて提供しているのだと思います。salad

昼食を食べたところは二階で、一階には卓球、ビリヤードの遊び道具がありました。お昼休みは、卓球やビリヤードをしたり、テレビをみたり、携帯をいじったりと、みんな好きなことをして過ごします。僕はiPadを持って行ったので、iPadでブログを書いたり、読書したり、またはみんなと卓球やおしゃべりをして過ごしました。

ランチタイムは、それぞれの国のことを話したりしたこともありました。僕は他の国の部活動について質問したのですが、日本はかなり部活動が充実した国だということがわかり、毎日部活に明け暮れることのできる自分は幸せだと感じました。

pingpong

お小遣いがあれば、売店でハンバーガーを買ったり、飲み物を買ったりもできます。一緒にいた中国人がそこで買ったポテトを少し分けてくれました。

2時になり、またテニスコートまで移動しました。今度はさっきとは違うテニスコートでした。

午後は、試合が多めでした。シングルスもダブルスも両方やりました。実力が同じくらいの人とやることが多いですが、たまに、どこどこで何位というものすごく強い人と試合をすることもあります(僕も何回か6-0 6-0、タイブレークだけの勝負で7-0などで負けました…( i _ i ))。
 
終わりは5時前くらいでした。終わりの挨拶などはなく、みんな勝手に帰っていきます。


クリックお願いします。
 
にほんブログ村

10. 三つ目の挑戦 アメリカ・センターコートへ

僕は中3の夏休み、ニューヨークにほど近いニュージャージー州モリスタウンにある「センターコート・テニススクール」に約1か月、短期テニス留学をしました。学校の夏休みに英語圏に短期留学をする人は多いと思いますが、僕はただ語学留学をするのではなく、どうせなら海外で好きなテニスをやりたいと思っていました。そこで、ネットで英語圏の国のテニススクールをいろいろ探しました。

テニスをやっている人なら、錦織が通ったアメリカ・フロリダ州のIMG のことは聞いたことがあると思います。世界一有名なスクールの一つだと思いますが、ここは値段も高いです。また、シドニーのスクールにいた時に、IMG留学経験者の友達ができました。最近では日本人が多過ぎるという話も聞きました。ルームメートまでへたをすると日本人だという話を聞き、僕の留学の目的には合わないなと思いました。

僕は、もうテニス留学も3回目なので、できるだけお金の安いところにしようと思い、たくさんのテニススクールのウェブサイトを必死に調べました。これだけでも結構英語の勉強になったと思います(笑)。日本の代理店が用意している留学プランもありますが、そういうのはサービスの性質上、かなり高額です。お金のある人はいいと思いますが、僕は何とか留学費用を最小限に抑えたかったので、代理店経由は諦めました。

結局、手さぐり状態の中から、ニューヨークからすぐ行けて、値段のわりに本格的な指導を受けられそうな「センターコートアカデミー」を選び、夏の一カ月をここで過ごすことに決めました。



クリックお願いします。
 
にほんブログ村
楽天市場
  • ライブドアブログ