最初は全員でストレッチやリレー競争をやりました。男女も、小学生も中・高生も一緒です。
morningpractice

10時からは、5名くらいずつに分かれて練習が始まりました。
僕は一番大きい子たちのクラスに入りました。中高生4人にコーチが一人ついて、コートを1面使います。
14歳の僕のほかに、16歳のマイケル、15歳のトニー、14歳のハリーです。
4boys

少しラリーをした後はコーチによる球出しです。ビーチで聴くようなノリのいい音楽が流れています。
初日のコーチは若い大学生のようなコーチでした。レッスンの内容はこの後の記事で詳しく書きます。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

12時半からお昼休みです。学食に行ってランチを食べます。学食はフードコートになっていて、SUBWAY やダンキンドーナツ、インド料理やお寿司もあります。
cafe


壁にはなぜか「お~いお茶」の広告も貼ってあります。
ocha



◇   ◇   ◇   ◇   ◇

1時半に再びインドアコートに集合。午後もテニスをするグループと、数学・理科をやるグループに分かれました。数学・理科チームはこんな歴史を感じさせる校舎に移動です。
sciencebuilding


パソコンのたくさん置いてある教室で、二人の大学院生(?)みたいな人が理科や数学に関する話をしてくれました。よく見ると、一人はさっきまでテニスを教えていた若い女のコーチでした。

最初、大学院の先生は、ピサの斜塔が傾いた理由について話してくれました。次に、これ以上傾かないようにするにはどうしたらいいかをみんなに質問しました。すぐ隣に別の建物を建てたらいいとか、横から押せばいいといった意見が出ました。その後で先生は、center of mass(質量中心)についてプロジェクターを使ってわかりやすく説明してから、またみんなに考えさせてくれました。方法の一つとして、内部の傾いていない方の下部に重りをつければいいと教えてくれました。結構興味のある内容だったので、楽しく聞けました。

次に、矢が的に当たる確率についていろいろな場合を想定してみました。時間切れで、実験は次回に持ち越しでした。

この後テニスコートに戻り、3時半に解散になりました。

クリックお願いします。
 
にほんブログ村